【画像初公開】ジェームズウェッブ宇宙望遠鏡、46億年前の銀河団の撮影に成功
©NASA

7月11日(月)、NASAのジェームズウェブ宇宙望遠鏡(JWST)の最初の画像が公開された。JWSTは、これまでの観測史上、最も遠く鮮明な宇宙の赤外線画像を生成した。

公開された画像は、46億年前に出現した銀河団SMACS0723の姿だ。この銀河団の総質量が重力レンズ[*1]の役割を果たし、背景にはさらに遠い銀河を映し出している。

JWSTが捉えた何千もの銀河は、これまで赤外線で観測された中で最も暗い天体をも含んでいる。ジェームズウェブ宇宙望遠鏡は、2021年12月25日に打ち上げられた。

2022年1月に観測を行う軌道に到着。地球から約150万km離れた場所に置かれている。公開された画像は、JWSTの近赤外線カメラNIRCamが撮影したもので、波長の異なる画像を約12時間半かけて合成した。

他のフルカラー画像も、現地時間7月12日午前10時半より、NASA TVで公開される予定だ。

【用語解説】

[*1]重力レンズ

恒星や銀河などが発する光経路の一部が、途中にある天体などの重力によって曲げられた結果、カメラに光が多く集まり明るく見える現象

参考:

NASA’s Webb Delivers Deepest Infrared Image of Universe Yet

宇宙転職カウンセリング無料受付中!!

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

フォローで最新情報をチェック

おすすめの記事